愛犬家住宅について

愛犬家住宅のポイント

愛犬家住宅のポイントをご紹介!

  • A.玄関&勝手口
    B.ドア
    C.床
    D.天井
    E.ゲート
    F.洗面室
    G.浴室

  • H.コンセント&コード
    I.リードフック
    J.エクステリア&ガーデン
    K.テラス

Entrance 玄関&勝手口

散歩から帰った足を拭ける場所を確保。
汚れをさっと洗い流せる水洗設備、散歩用品をまとめておける収納スペースもあると便利。

Door ドア

ペット用のくぐり戸を採用すると、部屋を自由に行き来できる。犬が勝手にドアを開けないようにしたいなら、ドアノブの形状や開く方向などを工夫する。

Floor 床

キズや汚れに強く、掃除のしやすい床に。滑りやすい床は
犬の足腰に負担があるので要注意。取り換えが簡単にできるラグやカーペットなどを部分的に取り入れる。

Ceiling 天井

調湿や消臭効果のある天井材を選ぶと、ニオイ対策に有効。

Gate ゲート

危険の多いキッチンや階段へ立ち寄らせないようにゲートがあれば安心。玄関に続く廊下にも、来客時の犬の飛び出し防止に設置。

Bathroom 洗面室

小型犬なら、洗面台でシャンプーができるように洗面ボウルやカウンターを工夫すると便利。
洗面室は犬の身振いによる水しぶきやドライヤーでの毛の飛び散りがあるので、拭き掃除が簡単にできるようにしたい。

Bathroom 浴室

シャワーは手元で吐水・止水の操作ができるものが便利。
浴槽の蓋を頑丈なものにし、犬を乗せて洗えるようにするとシャンプーがラクにできる。排水管に抜け毛が詰まらないような配慮も必要。

Wall socket&Cord コンセント&コード

電気コードは配線に注意。コンセントはカバーをつけたり、イタズラされない高さに設置。

Lead Hook リードフック

犬をつないでおけるリードフックは、浴室や足洗い場、玄関、テラス周辺などにあると便利。

E x t e r i o r & G a r d e n エクステリア&ガーデン

犬が道路に飛び出さないよう、フェンスや門扉などを設置。
庭を犬の遊び場にする場合、近隣や来訪者にも配慮し、壁や塀などで囲っておきたい。

Terrace テラス

半屋外スペースは、愛犬の遊び場や散歩帰りの汚れを落とす場に最適。雨の日も利用できるよう屋根も設置。ガラス張りのサンルームも有効。

PEGE TOP