About ECO

マイボトル・マイカップについて

増える『マイボトル・マイカップ』ユーザー

■水を飲む人の増加 ※水道水回帰  6点(2000年) ⇒ 7.5点(2009年)
■日常よく飲む飲料=水道水の人の割合 家庭10% ⇒ 職場0%(ミツカン水に関わる意識調査より)

◎ 高まる節約志向 ◎ 趣向の多様化 ◎ エコ意識の高まり ◎ 健康志向 ※メタボ対策
◎ 珈琲・中国茶専門店でのマイボトル持参客への割引販売。 ◎ 健康維持への意識向上。 

ピュアウォーターについて

環境にやさしい、ピュアウォーター(純水)給水サービスをご利用下さい。

ピュアウォーター(純水)とは?

意外と気づきにくい乳幼児をもつ家族の需要

2007年6月に、WHO(世界保健機構)とFAO(国連食糧農業機関)より「育児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」が発表され日本国内でも厚生労働省指導の下、業界としてこのガイドラインに準拠することが、決定されました。

調乳温度の変更:50℃ ⇒ 70℃

乳幼児をもつ家族にとって、外出先で70℃以上の安心なお湯を手に入れる事は非常に困難です。ECOA-OFFICEピュアウォーター(純水)は育児用ミルクの調乳に安心してご利用いただけます。

沢山の企業様が導入されています

北海道エネルギー株式会社

企業による『マイボトル・マイカップ』実証実験

道内トップシェアを誇るエネルギー企業として、札幌市内10箇所、函館市内1箇所のサービスステーション内に、『給水スポット』を設置。
給油などで御来店されるお客様へ手軽に「マイボトル」給水サービスを行い、飲料ごみ削減への『エコチャレンジ』を国内で初めて実施。CSR(地域貢献)の取り組みとして提供するピュアウォーター(純水)は、無料提供。

道エコプロジェクトについて

道エコプロジェクト

PEGE TOP