About ECO

企業ブランディングの向上

企業における、マイボトルプロジェクト

新しいサービス(CSR)の告知

●店頭で『マイボトルプロジェクト』を告知
●『マイボトラー支援=エコ取り組み企業』としてのブランディング (オリジナルマイボトル製作・御提供)
●『調乳サービス』の告知で、乳幼児連れの御家族へのサービス提供
●弊社WEB・環境省WEBにてキャンペーン告知及び純水スポット検索可能

給水時の「情報提供」

●給水機本体への告知プリント、オプションモニターによる情報公開
●キャンペーン告知(企業の情報等)
●お得な情報の告知(新商品情報)
●その他情報提供(地域情報・元気企業紹介・天気・交通など)

CSRを経営戦略に生かす

CSRを進める主な働き

最近になってCSR(企業の社会的責任)の必要性が叫ばれています。具体的な取り組みを進める企業も増えてきました。

先進国的な企業では、CSRを進める専門部署やプロジェクトチームを発足させて社内統括に向けた全社的な情報収集、ビジネスプロセス改善などを行っています。CSRに則った社員行動基準の改定や、取引先企業を巻き込んだ取り組みを行う企業もあります。また、従来展開してきた社会貢献活動の見直し・強化を図ったり、「CSR報告書」のようなレポートを発行する企業も出てきました。

CSRへの対応は、現在のところ各社ばらばらです。必要性は十分認識しているものの、どのように実践していくべきか、自分たち独自のCSRとは何なのかがわからない。

日本の企業は、まだまだ模索段階にあるようです。具体的な取り組みを進める為にも、経営戦略の中でCSRをきちんと捉えるべきときに来ています。

マイボトルプロジェクト環境CSRを進める大きな目的

CSRについて、全国の企業が模索段階にある中、北海道に企業に於いても同様の事が言えるはずです。また企業に於いては自己満足な行動をCSRと叫ぶ企業もあります。

我々が御提案する、『マイボトル・プロジェクト』は、お客様と企業が一緒に取り組むECOチャレンジを提唱しております。

『マイボトル・プロジェクト』に御賛同して頂くことにより、さまざまな業種の企業様と一緒に、北海道の企業が一丸となり、大きく地域に貢献する事が可能となります。

『マイボトル』と『純水スポット』により、お客様の記憶に残る環境CSRに取り組むことが出来ます。

PEGE TOP